CONCEPT

サクセスフル・エイジングってほんとは、どういうこと?

マズローの欲望の5段階説

それは、ズバリ、年齢を重ねるごとに成功すること。20代なら20代の、30代なら30代の、50代なら50代の、あなたの最高の形で年齢を重ねることなのです。低次の欲求から年齢を重ねて、高次の欲求へ。自己実現を果たしたら、そこを超えて(自己超越して)社会とどのようにコミットするか、自分が社会にお返しすること。存在そのものが、福祉。(ラテン語のWel-Fare 良い訪れ)であること。

人の人生は、旬のとき、すなわちプラトーを超えると、(A)線のように放物線を描いて落ちていくものと捉えがちだ。他方、北欧においては(B)線のようにノーマライゼーション(継続性)といって、死ぬまで一番良いときを継続するAge in placeという提案をしてきた。しかし、アメリカ老年学会では、人間は高齢期といえども、成長して成長して、もうこれ以上成長できないところまで成長して死を迎えるという成長理論に基礎を置く(C)線を描いてみせたのだ。これぞ正に、サクセスフル・エイジングである。

PAGE TOPへ